たとえ小さな余震であっても、「お見舞金」の給付を受けられるということをご存知ですか?

地震保険は、たいへん公共性の高い保険であり、国(政府)が9割以上の財源を担っています。
なので、給付基準が明確で、適切な申請をすればお見舞い金を受け取れとることが可能です。

しかし、このお得な情報をを7割の方が知りません。さらに、残りの3割の方でも、自ら損害保険会社に申請をした場合に、大半の方は、実際には、お見舞金の給付が困難となってしまっております。

スポンサードリンク